新日本フィルハーモニー交響楽団 第446回 トリフォニー・シリーズ
photo credit: Hiroyuki Tsuruno

新日本フィルハーモニー交響楽団 第446回 トリフォニー・シリーズ

2009年5月29日(金)すみだトリフォニーホールにて開催、新日本フィルハーモニー交響楽団 第446回 トリフォニー・シリーズの公演記録とレビュー/コメントのアーカイブページです。

公演日(初日) 2009年5月29日(金)
会場 すみだトリフォニーホール
出演 指揮:クリスティアン・アルミンク
ピアノ:ピョートル・アンデルシェフスキ
管弦楽:新日本フィルハーモニー交響楽団
演目 ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第1番 ハ長調 作品15
ワーグナー:歌劇「さまよえるオランダ人」序曲
ワーグナー:楽劇「ワルキューレ」から「ワルキューレの騎行」
ワーグナー:楽劇「ジークフリート」から「森のささやき」
ワーグナー:楽劇「ラインの黄金」から「ヴァルハラの神々の入城」
ワーグナー:楽劇「神々のたそがれ」から「自己犠牲と救済の場」

翌日も同プログラム
参照サイト
”常に新しい音楽性を探求する日本のオーケストラ”それが「新日本フィルハーモニー交響楽団」である。
www.njp.or.jp

この公演に行きましたか?

レビュー以外のコメントも大歓迎!緑のアイコンをクリックしてお寄せください➤
0
コメントをどうぞx

0 0 評価
この公演の評価
ウォッチする
通知
guest
レビューを投稿する前に確認してほしいことです

0 レビュー
コメント数
すべて表示

カテゴリー

ジャンル

0
レビューを書いてみませんか?登録は不要です。x