大阪交響楽団 第161回定期演奏会《披瀝”グラズノフとプフィッツナー”I》~グラズノフ没後75年

2011年12月1日(木)ザ・シンフォニーホールにて開催、大阪交響楽団 第161回定期演奏会《披瀝”グラズノフとプフィッツナー”I》~グラズノフ没後75年の公演記録とレビュー/コメントのアーカイブページです。

公演日(初日) 2011年12月1日(木)
会場 ザ・シンフォニーホール
出演 指揮:児玉宏
バリトン:小森輝彦
管弦楽:大阪交響楽団
演目 プフィッツナー:スケルツォ ハ短調
プフィッツナー:オーケストラ伴奏つき歌曲集より「春の空はそれゆえこんなに青い」(7つの歌)作品2-2
プフィッツナー:オーケストラ伴奏つき歌曲集より「怒り」(4つの歌) 作品15-2
プフィッツナー:オーケストラ伴奏つき歌曲集より「月に寄す」作品18
プフィッツナー:オーケストラ伴奏つき歌曲集より「ラッパ吹き」(2つのドイツの歌) 作品25-1
プフィッツナー:オーケストラ伴奏つき歌曲集より「嘆き」(2つのドイツの歌)作品25-2
プフィッツナー:オーケストラ伴奏つき歌曲集より「夜に」(5つの歌) 作品26-2
グラズノフ:交響曲第4番 変ホ長調 作品48
参照サイト
1980年創立。永久名誉楽団代表・敷島博子が『聴くものも、演奏するものも満足できる音楽を!』を提唱。いつも聴衆を“熱く”感動させるその演奏は、「魂の叫び」「情熱…
www.sym.jp

この公演に行きましたか?

レビュー以外のコメントも大歓迎!緑のアイコンをクリックしてお寄せください➤
0
コメントをどうぞx

0 0 評価
この公演の評価
クラレビ運営者
レビューを投稿する前に確認してほしいことです

0 レビュー
コメント数
すべて表示

カテゴリー

ジャンル

スポンサーリンク
0
レビューを書いてみませんか?登録は不要です。x