新国立劇場 2021/2022シーズン プッチーニ 歌劇「蝶々夫人」
©NEW NATIONAL THEATRE, TOKYO

新国立劇場 2021/2022シーズン プッチーニ 歌劇「蝶々夫人」

2021年12月5日(日)新国立劇場オペラパレスにて開催、新国立劇場 2021/2022シーズン プッチーニ 歌劇「蝶々夫人」の公演記録とレビュー/コメントのアーカイブページです。

公演日(初日) 2021年12月5日(日) 14時00分開演
会場 新国立劇場オペラパレス
出演 指揮:下野竜也
演出:栗山民也
美術:島次郎
衣裳:前田文子
照明:勝柴次朗
再演演出:澤田康子

蝶々夫人:中村恵理
ピンカートン:村上公太
シャープレス:アンドレア・ボルギーニ
スズキ:但馬由香
ゴロー:糸賀修平
ボンゾ:島村武男
神官:上野裕之
ヤマドリ:吉川健一
ケート:佐藤路子

合唱:新国立劇場合唱団
管弦楽:東京フィルハーモニー交響楽団
演目 プッチーニ:歌劇「蝶々夫人」
全2幕〈イタリア語上演/日本語及び英語字幕付〉



公演日程/
2021年12月5日(日)14:00
2021年12月7日(火)19:00
2021年12月10日(金)14:00
2021年12月12日(日)14:00
参照サイト
新国立劇場のオペラ公演「蝶々夫人」のご紹介。 新国立劇場では名作から世界初演の新作まで、世界水準の多彩なオペラを上演しています。
www.nntt.jac.go.jp

この公演に行きましたか?

レビュー以外のコメントも大歓迎!緑のアイコンをクリックしてお寄せください➤
0
コメントをどうぞx

0 0 評価
この公演の評価
クラレビ運営者
レビューを投稿する前に確認してほしいことです

0 レビュー
コメント数
すべて表示

カテゴリー

ジャンル

スポンサーリンク
0
レビューを書いてみませんか?登録は不要です。x