ヴァシリー・ペトレンコ指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 ピアノ:辻井伸行(サントリーホールA)
©エイベックス・クラシックス・インターナショナル株式会社

ヴァシリー・ペトレンコ指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 ピアノ:辻井伸行(サントリーホールA)

2023年5月22日(月)サントリーホールにて開催、ヴァシリー・ペトレンコ指揮 ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 ピアノ:辻井伸行(サントリーホールA)の公演記録とレビュー/コメントのアーカイブページです。

公演日(初日) 2023年5月22日(月) 19時00分開演
会場 サントリーホール
出演 指揮:ヴァシリー・ペトレンコ
ピアノ:辻井伸行
管弦楽:ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
演目 グリエール:スラヴの主題による序曲
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第3番
チャイコフスキー:交響曲第6番「悲愴」
参照サイト
ヴァシリー・ペトレンコ指揮ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団 ピアノ:辻井伸行の公演情報を掲載。サントリーホールは、「世界一美しい響き」をめざして1986年に開…
www.suntory.co.jp

https://www.ints.co.jp/rpo2023.html

この公演に行きましたか?

5 1 件の評価
この公演の評価
ウォッチする
通知
guest
レビューを投稿する前に確認してほしいことです

1 レビュー
古い順
新しい順 最高評価
コメント数
すべて表示
よっすぃん

とても素晴らしい
感動の名演、演奏会でした。

ラフマニノフ、チャイコフスキー共に
涙が溢れてきました。

このような体験はなかなか出来ません。

ラフマニノフでは
辻井さんの音楽へのひたむきな姿勢から紡がれる音色に加え、
ヴァシリーペトレンコさんとオケとの一体感が非常に伝わってきましたし、

辻井さんのソロの部分では
オケのメンバーも身を乗り出して聴き入ってらっしゃる姿もありましたね。

辻井さんのステージからの満面の笑顔での拍手に応えるお姿に感動しました。

チャイコフスキーでは
ヴァシリーペトレンコさんの
情熱的で感情豊かな指揮と、
それに応えるオケとの一体感は
鳥肌ものでした。

もっとクールな感じの方なのかなと思っていたのですが、ギャップにも驚きで、
一気にファンになりました。

オケのソロパートや、
難しいホルンの出だしの音も全く気にならず、雑念を全く感じずに聴き入ることができたのも良かったですね。

オケのメンバー達も仲が良さそうで
温かみのある雰囲気でした。

終演後の感動の余韻は忘れられません。

ほんとに来れて良かったです。

カテゴリー

ジャンル

1
0
レビューを書いてみませんか?登録は不要です。x